トヨタ

プリウスαの使い易さはハイブリッド随一!プリウスα試乗動画まとめ

更新日:

プリウスαってどんな車?

プリウスαは3代目プリウスをベースに開発されたステーションワゴンで、2011年5月に発売されました。ステーションですが全高は1575~1600mmと若干高くなっており、以前トヨタで発売されていた「イプサム」の後継車と考えるのが良いかもしれません。プリウスは欲しいけれど子供がいて少し手狭でもう少し大きな車が欲しいという人には人気があるようです。エンジンはプリウスと同じで、1.8リッターにモーターが組み合わされていますが、このパワーユニットはレクサスCTなどにも搭載されていて定評があります。そんなプリウスαには5人乗りと7人乗りモデルがあります。5人乗りはトランクの下にニッケル水素バッテリーが搭載されていますが、7人乗りモデルには運転席と助手席の間のコンソールボックスの付近にトヨタ初のリチウムイオンバッテリーを搭載しています。リチウムイオンはコンパクトかつ軽量というメリットがありほかのメーカーでは積極的に採用されていますが、肝心の燃費はリッターあたり26.2㎞とこのクラスにしては驚異的に良いのが特徴です。

プリウスαはそろそろモデルチェンジ?

プリウスαの価格は最も安い5人乗りモデルで250万円弱、7人乗りで最も高価なモデルだと340万円くらいになりますが、これにはナビなどの装備は付いていませんのでオプションをいくつか装着すると400万円くらいになるといわれています。プリウスは今年の秋から冬あたりにフルモデルチェンジするといわれていますが、大幅に性能がアップしてリッターあたり40㎞位になるといわれていますが、「プリウスα」もしばらくしてモデルチェンジしそうです。

プリウスαの気になるお値段は?オートックワンでチェック!

プリウスαのゆとりある走りが伝わってきます。

-トヨタ

Copyright© 試乗動画まとめクルマライフ , 2018 All Rights Reserved.