ホンダ

フリードハイブリッドがついにフルモデルチェンジ!フリードハイブリッド試乗動画まとめ

FREED(フリード)ってどんなクルマ?

フリードはホンダが2008年にコンパクトワンボックスとして販売したモビリオの後継車としてデビューしました。コンパクトなのに広々とした車内と2010年に追加されたハイブリッドの低燃費もあって人気のモデルでした。そのフリードが初めて2代目としてフルモデルチェンジを実施。より使いやすくエコなクルマとして生まれ変わっています。

FREED(フリード)とFREED+(フリードプラス)の違いは?

先代のフリードは3列シートの通常モデルと2列シートのフリードスパイクとハイブリッドと分けられていましたが今回のモデルチェンジでフリード(3列シート)とフリードプラス(2列シート)に名称が改められました。しかし名称だけが変わっただけではなく細かい部分で使い勝手の向上を目的に差別化が図られいます。はっきりとわかる違いはリアゲートで、フリード+はフリードよりさらに低い位置から開くようになっており、重い荷物を持ち上げずに詰めるように作られています。この辺りはホンダが得意とする低床シャーシの技術が大きく影響していると思います。

知るほど!乗るほど!フリード!のこと詳しく知ろう

フリードのサイズは4,265×1,695×1,710mm(フリード)で、旧型比で全長で50mm長くなって、高さは逆に5mm低くなりました。全体で見ればほとんどかわりないので運転する際に大きさを感じることはないコンパクトサイズです。一方で人気のスライドドアは旧型より20mm幅広い665mmで高さが40mmも広がって1165mmと開口部を大きくとることで乗り降りのしやすさを大幅に改善。しかもステップの高さを15mm下げたことで高齢者や小さい子供でも乗り降りしやすい作りこみがされています。エンジンは2種類。ガソリン車、ハイブリッド車ともに1.5リッター4気筒エンジンでハイブリッドシステムにはモーター内蔵7速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせて燃焼効率の良さとモーターとのスムーズな変速を実現しています。気になる燃費はガソリン車で約19km/L、ハイブリット車が27.2km/Lでライバルに比べても負けないくらい低燃費を実現しています。

FREED(フリード)|FREED+(フリードプラス)公式ページhttp://www.honda.co.jp/FREED/new/

フリード価格

タイプ乗車定員
(名)
エンジントランス
ミッション
駆動消費税8%込み
B61.5L直噴
DOHC
i-VTEC
CVTFF1,880,000円
4WD2,096,000円
G6FF1,980,000円
7FF2,001,600円
64WD2,212,200円
G
Honda SENSING
6FF2,100,000円
7FF2,121,600円
64WD2,332,200円
HYBRID B61.5L
アトキンソン
DOHC
i-VTEC

i-DCD

高出力
モーター
内蔵
7速
DCT
FF2,256,000円
4WD2,472,000円
HYBRID G6FF2,376,000円
7FF2,397,600円
64WD2,608,200円
HYBRID G
Honda SENSING
6FF2,496,000円
7FF2,517,600円
64WD2,728,200円
HYBRID EX6FF2,656,000円

フリード+価格

タイプ乗車定員
(名)
エンジントランス
ミッション
駆動消費税8%込み
B51.5L直噴
DOHC
i-VTEC
CVTFF1,900,000円
GFF2,000,000円
4WD2,232,200円
G
Honda SENSING
FF2,120,000円
4WD2,352,200円
HYBRID B1.5L
アトキンソン
DOHC
i-VTEC

i-DCD

高出力
モーター
内蔵
7速
DCT
FF2,276,000円
HYBRID GFF2,396,000円
4WD2,628,200円
HYBRID G
Honda SENSING
FF2,516,000円
4WD2,748,200円
HYBRID EXFF2,676,000円


ライバルとなるシエンタとの比較の解説です。

-ホンダ

© 2021 YOUTUBE試乗動画まとめ